胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2010年08月

近頃ツユクサ科の植物が気になってきた。先日見つけたこの花は、ツユクサ科ギバシス属の、おそらくはGibasis geniculataだろうと、webで調べてほとんど確信しながら、詳細を見れば花びらが3.5ミリだというから、画像の花(全体で約1.5センチ)は、大きすぎる。さらに、こ ...

街の中でも地域によって、同業の店がたくさん集まっているところがあるが、これは同じ大きな建物に入っているハンコ屋さん。派手な黄色で看板を出している店の、三軒先には赤い看板の店がある。このあたりには文房具屋が多いような気はするが、ハンコ屋さんはこの二軒 ...

ヒャクニチソウ (Zinnia elegans)。メキシコが原産で、1769年にスペインにもたらされたのが、ヨーロッパに紹介された最初である。属名のジニアという名で呼ばれることもあるが、メキシコにはジニア属の植物が他にも各種自生しており、その中には、ヒャクニチソウと同 ...

料理や飲み物の温度は味覚と密接な関係があると思うのだが、この基準は決して、万国共通ではない。ビールなどを常温で飲む国はかなりあるようだし、料理の温度もまちまちだ。メキシコのことを言うならば、冷たい飲み物は体に悪い、という考えかたがあるので、冷やしたもの ...

雨季の庭に生えてきた雑草のひとつ。キク科のサンビタリアは、メキシコ原産で、地面を這うようにひろがり、小さな花をたくさん付ける。日本の園芸のサイトで見ると、花は直径2~3センチとあり、結構華やかだが、画像のものは勝手に生えてきた雑草なので、1センチあまり ...

↑このページのトップヘ