胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2010年09月

以前に 名前のこと を書いたけれど、今度は名字の話。メキシコでは誰もが、二つの名字を持っている。一番目は父方、二番目が母方である。スペインがそういうシステムなので、その影響を受けたラテンアメリカ各国でも、これは共通のことだろうと思う。少なくともメキシコでは ...

庭に生えている雑草で、一番小さな花をつけるのは、これではないかと思う。よほど注意して観察しないと、花が咲いているということすら気がつかないくらいの・・・直径1ミリほどの花なのである。学名Delilia berteroi、メキシコから熱帯アメリカの原産。これもキク科だそ ...

ケーキが世界一美味しいのは、ひょっとしたら、日本ではないのだろうか。メキシコではもともと、ケーキというのは、パーティーやお祝い事などで大勢集まるときに切り分けるもの。少人数のコーヒータイムでも、食べ物よりはお喋りの方がもっと重要、というところがあ ...

前にも何度か書いているように、園芸植物と違って、雑草の名前を調べるのは結構大変である。特にメキシコでは、ちゃんとした植物図鑑のようなものがない。本屋に行って、「植物の写真や絵と、その説明が出ている本」 と言って、探してもらうのだが、出してくれるのはせ ...

日本に帰国するたびに、カボチャを食べたがる胡蝶を見て、友人たちが 「でもメキシコでカボチャできるでしょ?日本でも売っているけど、美味しいじゃない」 と、不思議そうな顔をする。・・・だってそのメキシコのカボチャは、たぶん、契約農場で日本向けに特別に栽培してい ...

↑このページのトップヘ