胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2011年02月

カード式とコイン式は、電話の会社も異なっている。・・・斜面なのはクエルナバカ式で、なんとなく不揃いなところは、メキシコ式か。 ...

まるで瞳があるように見えるけれど、これも複眼。蛾の眼の表面には無数の微細な突起があり、外から眼に入ってくる光を何度も屈折させて、反射させないようになっている。光の反射を抑え、周囲の闇に姿を溶け込ませることによって身を護るのと同時に、夜飛ぶためのコンパス ...

5月5日は祝日だが、大人の男性が友人同士などでお節句を祝うなんて話は聞いたことがない。でも3月3日のひな祭りは、いい歳をした女にとっても、意外に大事な日のような気がする。まあ、女性というのはもともと、こうしたイベントが好きなのかもしれないけれど。画像は ...

昔は、信号さえほとんどないクエルナバカだったのに、いまやあちこちに歩道橋まで出来て、景観を損ねている。が、もちろん、メキシコ人の運転マナーを考えれば、歩行者には助かる仕組みではある。ここで歩道橋といえば、屋根のついたものが普通なのだが、それだけではなく ...

「骨盤ダイエット」というものの広告をはじめて見たとき、それがいったい何なのか、どうしても理解できなかった。ダイエット (スペイン語ではディエタ) というのは、いわゆる食餌療法のことで、一番多く話題になるのが痩身目的だとはいえ、その他に、病気の治療や回復期 ...

↑このページのトップヘ