胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2011年05月

普通の果物屋やスーパーでは売られていない果物、というものがある。これはその一つで、市場に行けば手に入る、カプリン。初めてこれを食べた時、ダークチェリーみたいだと思ったのだが、調べてみたら、やはりサクラ属の植物だった。もっとも、サクラ属にはスモモやアーモ ...

画像1枚目がメキシコハナヤナギで、学名 Cuphea hyssopifolia Kunth、メキシコからグアテマラの原産。これは、クエルナバカでは街路の植え込みなどでよく見るし、日本でもそう珍しい植物ではないようだ。なのに、先日植物園に行ったとき、まずこれを目指したのは、前回その ...

アリ返しなどという仕掛けは、普通なら、食べものにアリがたからないようにする工夫なのだろうが、これは、 ハキリアリ のため。仕掛けと言うほどの大げさなものでもなくて、ポリ袋を切り開き、少し膨らませて木の幹に結び付けておくだけだ。こうしておくと、アリがそれ以上 ...

こういう話題を取り上げるのは恐縮なのだが、ふんだんにある安全な水と同様、トイレ事情の素晴らしさに関しても日本は特殊な国だから、海外のことを語るとき、これは非常に重要かつ深刻なテーマなのである。かなり昔のことになるが、夜間の長距離二等バスで、切羽詰っ ...

イダルゴ通りの2本の木より何週間か遅れて、ようやく満開になった、我が家の ゴールデン・シャワー・トゥリー。窓から10メートルほど離れているが、PCの前に座ったままでよく見えるし、風が吹けばその香りは部屋の中まで漂ってくる。花は長い間次々に咲くので、毎日朝に夕 ...

↑このページのトップヘ