胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2011年07月

昨年の8月に記事にした ブータンツユクサ である。その後群生を見つけたので種を採り、それを庭に蒔いておいた。種を蒔くといっても、適当な場所にパラパラと落とすだけ。野草だからなるべく自然の条件そのままに、と言えば聞こえはいいが、ガーデニングが苦手で横着なだけ ...

日本語をかなり勉強してから日本に留学したアメリカ人が、ホームステイ先で初日にジュースを出され、「飲む?」と訊かれて意味が分からなかった、という話を聞いたことがある。・・・教科書と実際に話す言葉の間にあるギャップは、語学を学ぶ者にとっては難関だ。メキシコ ...

以前に、棘だらけの パンヤノキ をご紹介したが、幹と実だけでは片手落ちなので、今度はその花を撮って来た。いつも持ち歩いているコンデジの4倍ズームでは、この程度がやっとだけれど・・・。 ...

雨季の楽しみの一つは、水滴撮影。たっぷり雨が降った後に明るい陽が差すと、水滴は眩しく輝き、映りこみも鮮やかで、それを見るだけでも楽しいのである。レンズを通し、景色を四角く切り取れば、肉眼で見るのとはまた違った絵ができるから、それも面白い。とはいえ、 ...

街で、アリアケカズラ (→ http://blogs.yahoo.co.jp/kochoo_noyume/17010804.html) の花が目に付く。画像1枚目では椰子の木に絡みついたようになっているが、塀の外側に枝を垂らして咲いているものを見ることが多い。和名はアリアケカズラで、キョウチクトウ科 ...

↑このページのトップヘ