胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2012年03月

台所仕事にもすっかりモノグサになったので、特にデザートを用意することはなく、普段はチョコレートの一粒や小さなクッキーなどで間に合わせているが、食後には、ちょっと甘いものが欲しくなる。濃厚な料理のあとにコーヒーが飲みたくなるのと同様に、これは体 (あるい ...

雛がもうこんなに大きいの?・・・と思ったけれど、塀の穴 に枯れ草や羽毛を運び込んでいたのは、もう1ヶ月あまり前のこと。イエスズメの子育ては、順調そうだ♪ ...

ブーゲンビリアの花に埋もれたような入り口は、とても想像力を刺激する。もっとも、入ってしまえば、中は案外殺風景だったりするけれどね。 ...

プリマベーラ、ハカランダと、ノウゼンカズラ科の木が続いたので、ついでにこれも。日本で夏に朱色の花を咲かせるノウゼンカズラ (Campsis grandiflora) は、中国原産だが、クエルナバカで見られるのは、別属で南アフリカ原産のつる性低木、ピンクノウゼンカズラ (P ...

街でもよく見るトピアリー。ここで見るトピアリーはほとんどが、ガジュマルかベンジャミンを刈り込んだもので、以前にお見せした 二羽のアヒルも含め、様々な鳥の形にしたものが一番多いようだ。いまの季節は枝もどんどん伸びるので、まめに手入れしないとすぐ、上の写真のよ ...

↑このページのトップヘ