胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2012年11月

思いがけずうれしいことがあった。インカバトが2羽で歩いているのを、庭で見たのである。猫による襲撃後、いつも2羽で行動していたインカバトが1羽になってしまった ( → 気がかり ) のは、もう半年も前のこと。それ以来気にしていたのだが、日本から帰ってきて、ふと気 ...

11月になり、さすがに気温も下がってきたクエルナバカ。我が家の庭は、あっちもこっちも種だらけだ。画像1枚目は、ゴールデンシャワーの木。今年は昨年にも増してたくさんの実ができ、(日本ではあまり見ない光景かもしれないけれど) “腸詰を束にしてぶら下げた肉屋の店 ...

乾季のクエルナバカでは、前にもご紹介した アサガオの木、カサワテも満開になっている。枝垂れたようになって咲くたくさんの白い花は、遠目になかなか豪華だ。学名ipomoea murucoides、ヒルガオ科サツマイモ属。 ...

大分前の話だが、数週間日本に行ってきたら、飼い猫がよそよそしくなってしまった、という経験がある。こういうのはときどき聞く事で、懐いている人間が突然不在になったり、忙しくてあまり構わなかったりすると、猫は、自分が見捨てられた、というように感じるらしい。だ ...

乾季になると、木の花が盛んに咲いてくる。カエンボク は大分前から花盛りになっているけれど、今目立つのはそれよりも、オーキッド・トゥリー だ。1枚目の白花は自宅近くの街路にある大木だが、満開をもう少々過ぎている。下の2枚は別の場所で、あまり大きい木ではないの ...

↑このページのトップヘ