胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2014年03月

イエススズメの雛は、成長が早い。給餌の動画 を撮ったのは、やっと穴から顔を出すようになった頃だが、鳴き声もクチバシの開け方も、日々しっかりしてくる。同じ日であっても、朝と夕方では違うくらいだ。画像は、動画から3日経った雛。もの珍らしそうに外を覗いている様子 ...

 窓越しに見える塀のブロックで、今年もイエスズメの雛が生まれた。両親は、ひと月ほど前にしきりとラブシーンを見せてくれた、あのカップル ( → http://blogs.yahoo.co.jp/kochoo_noyume/34135823.html) だと思う。 ...

ティグレが まん丸 になって寝ていたのは、外気温が22/16℃くらいの冬。2月には最高気温が30℃近くなり、猫はソファの上で長くなっていた ( → 季節感 )。そして今はこの通り、タイルの床で伸びている。気温は、だいたい毎日34/22℃くらい。今年の春は、いつも ...

 胡蝶が塀の3メートル以内に近付くと、あわくって隠れてしまう、隣のイグアナ。 もう4年近くの付き合いだし、それよりも後に来た猫には、全然警戒していないのに ( → http://blogs.yahoo.co.jp/kochoo_noyume/31360186.html) ・・・・・。 ...

↑このページのトップヘ