胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2014年11月

植物園には、コーヒーノキがあちこちに植えられている。コーヒーの花は2~3日しか咲いていないけれど、実が熟すのには9ヶ月ほどかかるそうで、そうと知れば、いつ行ってもたくさんの実がなっているのに、花を見ることが非常に稀だということにも、納得がいく。我が家の庭 ...

タテハチョウ科の ファティマカバイロタテハ は、前に一度画像を掲載しているが、翅がかなり傷んでいた。今回出会ったのは、羽化したばかりのように鮮やかな翅で、傷も全くない。しかも、満開の ヘリオトロープ の花にとまったのだから、これは撮らずにいられないというもの ...

一昨年の冬、突然庭に出現した 庭のタンポポ 。2年足らずの間にすっかり我が家に根を下ろし、絶え間なく花を咲かせ盛大に種を飛ばした結果、いまやサフランモドキの間だけではなく、芝生の中にまで侵入している。乾季になって枯れかけた芝生に、黄色いタンポポの花・・・胡 ...

大きな根っこを見るたびに写真を撮ってしまう胡蝶。こぶこぶ の根を持つカエンボクのすぐ近くに、こんなもしゃもしゃの気根があった。以前に掲載した 気根 同様、これもゴムノキ。そもそも、たいして広くもない道路の中央分離帯は、さらに道を狭くしているのだが、そこに植え ...

今年もそろそろ、近所の カサワテ が満開になっている。植物園にある何本かの木はまだ花が少ないが、すぐ近くまで寄れるので、長く垂れ下がっている枝を撮ってきた。・・・この蕾の数には、脅威さえ感じてしまうけれど。 ...

↑このページのトップヘ