胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2015年04月

ハチドリは、赤や黄色などの鮮やかな色に惹かれるという。庭に植えたパキスタキスが大きくなり、花の数も増えてきたので、ハチドリの滞在時間が多少は長くなった。めまぐるしく動くハチドリだけれど、この光景が窓から見られるというのは、ちょっと楽しい。 ...

蝶だか蛾だかよく分からないけれど、見た瞬間に、「あっ、黒猫!」と思ってしまった。下は本ものの黒猫。黒猫や黒ヒョウの精悍な感じには、とても惹かれる。 ...

今年もダイアモンド・ポポが楽しみで、少し前から毎日屋根に上がっていた  ( → 山を登る太陽)。しかし日によっては、空が霞んで山がはっきりしなかったり、湿度の差が影響するのか、昇ってくる朝日の大きさが違って見えたりする。我が家からダイアモンド・ポポが臨める ...

ずっと前にも、民家のバルコニーを飾る すし詰めの鉢植えたち をご紹介したことがある。スペイン風の建物につきもののバルコニーは、実用よりもむしろ家の飾り。だから、ここに洗濯物を干したり、普段使わないものの置き場にするなどということは、まずあり得ない。たくさん ...

昨日の ストリートビュー の記事に書いたように、ほとんど何もなかった我が家の周辺も、年々住宅が増え、人々の生活が賑やかになってきた。街の人口増加は、それ以外の様々なところからも、明らかである。そんな話をしていた二人のメキシコ人が、「クエルナバカの人口は今や ...

↑このページのトップヘ