胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2016年01月

これも、植物園で見た野鳥。パンヤノキ の枝から枝へ、2~3羽がせわしなく飛び回っていた。羽毛の色やアイリングから、ズアカアメリカムシクイ (Vermivora ruficapilla) かと思うけれど、アメリカムシクイの仲間も種類が多すぎて、悩ましい。オスの頭にある赤い羽毛は、見 ...

今日もどんより曇り空である。あまり気乗りしないまま、植物園に行ってみたら、春の花はまだあまり咲き進んでいないが、何故かいろんな野鳥がたくさんいて、姿や鳴き声を楽しむことができた。動画は、植物園の塀の外側を舞っていた鳥の群れ。どうもアマツバメのように見える ...

我が家のプリマベーラ は現在、盛んに葉を落としている最中で、まだ花の気配は見当たらない。街では12月から、ちらほらと花の咲いているプリマベーラが見られたが、今日はこんな満開の木にいきなり出会って、びっくりした。この木は昨年も、2月始めに満開の様子を撮ってい ...

常春のクエルナバカでも、1年のうちの決まった時期にしか咲かない花があって、そういう花を見つけるのがうれしいのは、やはり日本人だからだろうか。早春に花を付ける Ceiba pentandra は、以前から眼に留って気になっていたものの、その正体がはっきりと分かったのは昨年の ...

日本も米国も大雪で大変なことになっているが、メキシコも全国的な寒波である。首都メキシコシティーでは、最高気温が20℃そこそこで、最低のほうは、2℃、3℃という日もある。クエルナバカではそこまで下がらないものの、なにしろどんより曇った日が多いのは、なんだか ...

↑このページのトップヘ