胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2017年04月

普段は、午前中にしか出かけないので、珍しく午後に外出したら、暑さにまいってしまった。まだ気温がそう上がらず、紫外線もさほど強くない早朝は、人出もあまり多くないから快適なのに、昼過ぎの日差しといったら暴力的とも言えるほどで、屋外の熱気は耐え難い。こういうと ...

今年も、ダイアモンド・ポポ を待っていた。これは、10年ほど前に初めて撮ってから、ほぼ毎年の恒例である。昨日の朝は珍しくすっかり曇っていて、山が全然見えなかったから、今日はどうなることかと思ったが、ポポカテペトル火山は、綺麗にそのシルエットを見せてくれた。 ...

今の時期特にその存在が目に付く、メキシココマツグミ は、メキシコの固有種。留鳥のはずなのに、春になると、よく囀りを耳にするようになる。姿を見るのも、この時期が多いようだ。この日は2羽のメキシココマツグミが、仲良く一緒に飛び回ったり、付かず離れず地面を突いた ...

大分前に一度記事にしている、Solanum macranthum。ブラジル原産、ナス科ナス属の木で、高さは10メートル近くなっていそうだ。通年花が見られるようだが、春になって急に花数が増えた。花は咲きながら色が変わるから、白と紫の二色の花がたくさん咲いていると、とても華や ...

メキシコシティーに行ったりして、しばらく通らなかったら、通りすがりの向日葵 がすっかり咲いてしまった。それにしても、高さや花の大きさがまちまちなら、向いている方向だって、好き勝手。背が高くなりすぎたか、倒れかかった株や、成長不足でごく低いところに咲いている ...

↑このページのトップヘ