胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

2017年11月

1枚目の画像は、チャプルテペックの森 の中を抜けるレフォルマ通り。レフォルマは、首都の中心を走る道幅の広い立派な大通りで、中央には、ゆったりしたプロムナードがある。先日の死者の日には、オレンジ色のマリーゴールドで飾られていた植え込みは、今はもうポインセチア ...

今日は チャプルテペック公園 へ。近代美術館 の現在の特別展示は、人間をテーマとした写真展と、なんとなくピンとこない、スイスのデザイン100年展。その後、植物園に行くつもりでいたら、ここも改装中で、門が閉じられている。そこで、本日第三の目的地である、動物園へ。 ...

ちょっと急だったのだけれど、首都にやってきた。1週間か2週間滞在することになりそうである。特に用があるわけではなく、まあ身内の家の留守番のような事なので、昼間は自由に出歩ける。明日からは、博物館や美術館、植物園等を回ってみるつもりだ。ただ、月曜日の今日は ...

昨日も今日も、日中の最高気温は24℃にしかならなかった。冬だなんて言ったら怒られてしまうけれど、これが、クエルナバカの気候である。朝の最低気温は16℃、半袖ではさすがに肌寒い。しかし日中の日差しは結構強いので、街を歩く人々の服装も、分厚いジャンパーから ...

カサワテは、11月から12月に咲く、アサガオの仲間の白い花。毎年楽しみにしているこの カサワテ の木は、本当に大きくて花付きもいい。蕾がたくさんあるので、まだしばらくの間は、通るたびに楽しめるだろう。高速道路の脇なので、そばには寄れないけれど、ズームして花 ...

↑このページのトップヘ