3366けもの道1
3366けもの道2


いつも通っている、高速道路沿いの小道である。

雨季になって、両側の雑草があまりに茂ってくると、いつの間にか誰かが刈りこんでいるものだった。ところがこのところ、この雑草が伸び放題で、既に背の高さを超えているのに、そのままになっている。横から顔の高さに伸びだした枝にさえぎられれば、前が見えないし、
イネ科植物の葉は肌を切りそうで、怖いとも感じる。これでは本当に、けもの道のようだ。

道とも言えないようなこの道は、良く通る誰かが手入れをしているのだとばかり、思っていたけれど、実はここも市が管理しているのだろうか。それなら、街中心近くの街路樹同様、手が足りなくて放置されているのかもしれない。

雨上がりの朝にここを通ると、ジーンズがかなり湿っぽくなってしまうのも、困りものだ。