3383カボチャの花


道端の屋台に、見るからに新鮮なカボチャの花をが積んであった。

そういえばちょうど今頃が旬である。以前は庭で育てていたし、昨年も一昨年も、多分捨てられた種から生えてきたカボチャを路傍で見つけ、せっせと花を採ってきたものだが、今年はそれがどこにも見つからないので、一束買ってきた。朝の短時間しか開いていないこの花は、畑から摘んできたばかりの早朝に、こうした屋台で買うのが一番なのである。

カボチャの花は、メキシコでは炒めてケサディーリャの具にしたり、スープ等にするのが一般的だが、我が家では溶けるチーズを詰めて天ぷらにする。同じくこの花をよく食べるイタリアでも、詰め物料理が多いようだ。