胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

カテゴリ: 胡蝶の庭

種から育てている、ケイトウ。昨年庭に勝手に生えてきたケイトウの種から、今年育てた株である。一応ネットで種まきの時期等を調べたとき、小さい鉢に混み気味にして植え、低い草丈でこんもりと花を咲かせてある画像があった。それがいい感じに見えたので、これこれ、と、小 ...

抜いても抜いてもどんどん茂ってくる庭の雑草の間に、野生のトマトが生えていた。しばらく前にベランダ菜園をやっていたときにも、蒔いた覚えのない野生トマトが何株も生えてきたものだ。その代わり、蒔いた筈の丸いトマトは一つも出てこなかったから、もしかしたら先祖返り ...

庭のチグリジアが、一つだけ咲いた。一時期は球根がどんどん増えて、毎日10以上の花が咲く年もあったのに、最近では雨季になっても、そもそも葉がちっとも出てこない。今年はかろうじて2株顔を出しただけである。球根が駄目になってしまったのか、いやもしかしたら、リス ...

今年もスタぺリアの花が咲いた。花の後ろに置いた定規の目盛りが良く見えないけれど、差し渡しは23センチを超えている。用心してあまり顔を近づけないから、そう強烈な臭いは感じないが、やはりハエが周辺をとびまわっていた。そこまでは昨年と同じ。ところが開花の翌朝、 ...

毎年変遷のある庭の雑草の中でも、これだけはもう十数年間、すっかり我が物顔で庭の一角を占領している。園芸種カンナの原種のひとつで、ときどき路傍や空き地で、この植物を見ることがあるから、クエルナバカではそこそこ繁殖している様子だ。我が家の庭では増えすぎて困る ...

↑このページのトップヘ