胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

カテゴリ: クエルナバカの街

うわーこういう木、たまらない!子供だったら絶対、ここに何かを隠すだろうし、猫だったら中に入り込んでしまう。庭にこんな木が一本欲しいなあ。 ...

メキシコに住んでいると、このくらいの事では驚かなくなる。慣れてしまえば、なんとなくこんなものだと思って、歩きにくい歩道を通っていたけれど、そういえば、一体どうしてこんな事になったのだろう。 ...

猫のユキが引っ越してきた家は、コロニアル様式の小さな住宅。街路から入ったところには、台所と食堂に、居間。そこから一旦パティオ (中庭) に出ると、少し高くなった回廊に沿って、居室が配置されている。そう広くない敷地に、3寝室と2.5浴室、書斎のような小部屋ま ...

大雨と強風のこの季節、電線にはよく、色んなものがひっかっている。大型の鳥としか見えなくて、一瞬ドキっとしたけれど、これは多分ヤシの花柄。というか、花の後に実ができ、それも落ちた後の枝みたいだ。それにしても、意図して作ったって、これほど見事な造形にはならな ...

まったくいいタイミングだった。道に茂りほうだいの雑草を撮った2日後、それがすっかり刈り取られていたのである。歩くのが困難なほどの状態には、さすがに見かねるものがあったのかもしれない。しかしそこで、一体だれが刈ったのかと、疑問が沸いた。そういえば、やはり街路 ...

↑このページのトップヘ