胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

カテゴリ: 生きもの

水の中に落ちていた。葉っぱごとすくい上げてみると、長さ4センチほどもある、立派な蛾である。死んでいるかと思ったら、肢がわずかに動いて、葉っぱにしがみつく。もう夕方だったので、夜間の雨をなるべく避けられるように、大木の根元に置いてやった。翌日には姿がなかっ ...

本当は、ツバメの巣に雛が並んで、口を開けているところが撮りたかった。まあ、思うような被写体には、そう都合よく出会えるものではない。そのうちに、若鳥らしいのが2羽いる巣を見つけたら、その隣に蜂の巣があった。食料庫に隣接して巣を作るとは賢い、と思ったけれど、蜂 ...

浴室の窓の外側に、葉っぱが引っかかっているので取ろうと思ったら、それが葉っぱではなく、蛹だという事に気が付いた。ポリダマス・ジャコウアゲハの蛹だと直感し、周囲を見渡した。というのも、このアゲハの食草は、近くにあるパイプカズラ(アリストロキア)で、その葉が ...

街中にツバメがたくさん飛んでいる。電線にとまっているのは今年生まれの幼鳥か、お腹の羽毛がふくふくしている。それに、こちらのツバメは腹部が赤っぽいのだが、これはまだ真っ白だ。気を付けて見てみると、この後ろにある家には、1階と2階、両方の軒下にツバメの巣があっ ...

庭にたくさんいるハリトカゲ。ハリトカゲと言って済ませているけれど、正確な種名までは知らない。それに、春から夏にかけて、鮮やかな青とオレンジに染まった個体が繁殖期のオスだというのも、頭に赤い帽子をかぶっているのがメスだというのも、状況証拠のみによる判断で、 ...

↑このページのトップヘ