胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

カテゴリ: 人と生活

肥満大国メキシコでは、生活習慣病が一つの大きな問題だ。大分前から、糖分や脂肪分が多くて栄養的価値の低い、いわゆるジャンクフードに、8%の税金を課するなどという措置が取られているが、そういうものの売れ行きが落ちたということも、ないようだ。そこで最近取り入れら ...

この数カ月の間に、マスクの使用が世界中に普及してきた。欧米の国々では、もともとマスクの習慣が全くない。その事について近頃二つの記事を読んだ。内容はほぼ同じで、欧米の人たちは口元の表情を見るので、そこが隠されているのを、不安で不穏に感じるという事。対して日 ...

売家の広告などを見ていると、寝室数と共に、必ず浴室の数が書いてある。ワンルームのアパート等は別として、ある程度部屋数のある物件の場合、浴室も複数あるのが普通だからだ。ここで言う浴室とは、シャワー、トイレ、洗面台のある、いわゆるバスルーム(メキシコには、バ ...

メキシコ人と同居して、その生活を身近に見ているうちに、漠然とした疑問というか、違和感のようなものを抱くことがある。深く考えるほどの事でもないし、特に質問することもない。けれども、同じような環境に暮らす日本人とのお喋りで、ふとそんな話題に触れたとき、「そう ...

クエルナバカではゴミ集積所というものが特になく、家の前に出しておくだけなので、収集のトラックは、細い私道等にまで、こまめに入ってゴミを集めていく。ゴミの収集は、歴史地区であるダウンタウンでは毎日、我が家の辺りでは週に3日。回ってくる時間もほぼ一定している ...

↑このページのトップヘ