胡蝶の夢  ~メキシコ篇~

多様性の国メキシコ。常春のクエルナバカからの便りです。

カテゴリ: メキシコの ”もの”

道で売り歩いている人を見かけた家人が、買ってきた。昨今の状況で、経済的に困窮する人も多いこのご時世だから、ささやかに手助けできれば、との思いである。ヤシと思われる細長い葉っぱを、うまい具合に編み込んで、バッタの形にしている。手のひらに乗るほどの大きさだが ...

しばらくご無沙汰だったスーパーに、久しぶりに行ってみたら、ショッピングカートが新しくなっていた。画像では分かりにくいかもしれないが、大型のカートには、後部に折り畳み式の棚がついていて、パン等のつぶれやすい商品を分けて置くなどの他に、小さな子供を座らせるこ ...

先日のフリーダ・カーロの人形を作った人の、次なる作品はカトリーナの人形である。なにしろ骸骨なので、通常は全体が陶器製だったり、針金と紙等の素材を用いたものが多い。これまたどんなものになるのかと思っていると、顔はパン粘土、手は針金で残りの部分には布を用い、 ...

フリーダ・カーロといえば、メキシコで最も名を知られた画家のひとり。ほとんどつながっている太い眉の自画像は、Tシャツや袋物等、様々なお土産物の意匠としても、人気がある。そんな個性的な女性の人形というので、一体どんなものなのかと思ったら、これを見て気が抜けてし ...

一戸建てであれアパートであれ、メキシコの住居には必ずついている、流し台である。これがなかなか便利に出来ていて、二つに仕切られた、広くて浅いほうの底には、洗濯板のような波模様が付いており、ここでゴシゴシやれるし、幅が狭くて深い方には水をためておき、必要な量 ...

↑このページのトップヘ